大歳山遺跡 ・ 古墳 ・ 竪穴住居

パンフレット(印刷用pdfファイル)


大歳山遺跡
大歳山は、東西約280m・南北約150mの東から西へのびた半島状の台地で、大正11年に直良信夫博士によって縄文時代前半期の土器が発見され、近畿地方の代表的な縄文遺跡として著名になりました。
戦後も昭和36年以来数度の発掘調査が行われ、縄文時代の遺物が出土するばかりでなく、弥生時代の前期や後期にも集落が営まれたことがたしかめられました。また、古墳時代にも、円墳や前方後円墳が築造されていることが明らかになり、各時代の複合遺跡として注目を集めるようになりました。
神戸市では、弥生時代後期の集落と前方後円墳1基を含む遺跡の中心部約4000uを買い取り、遺跡公園として整備しました。
-ページトップへ-  -トップページへ-

古墳
前方後円墳は、全長約37m、前方部幅約13m、後円部直径約22m、高さ約2.5mで、いまから約1450年前の古墳時代後期はじめにつくられたものです。後円部の中央には、死者を葬った石室があり、古墳の上や周囲から土器(須恵器)がたくさん発見されています。
前方後円墳の東側にも横穴式石室のある円墳や、木棺を直接土中に葬った古墳がいくつかならんでいました。
また、現在墓地になっているあたりも古墳があったらしく、小形の銅鏡・勾玉・小玉・石釧(腕飾)など古墳時代前期の遺物が発見されています。
-ページトップへ-  -トップページへ-


竪穴住居
一辺約6,5メートル、隅がややまるみをもった方形の竪穴住居で、いまから約1800年前の弥生時代後期につくられたものです。
火災にあったらしく、柱や垂木などの建築材が炭化して残っていました。住居の中は、4本柱でかこまれた一辺約3,5メートルの中央部と、その周囲に幅約1メートルの床面の高い部分とがあり、そこには壷、かめ、高坏、鉢など約50個の土器がおかれていました。なお付近には、同じ時代の住居が5〜6戸埋まっていることがわかっています。
復元住居は、柱の位置や炭化して残っていた建築材の状態を参考にして設計されたものです。
-ページトップへ-  -トップページへ-